ほうれい線を消す方法!ヒアルロン酸注入について

subpage1

ほうれい線を消す為の施術方法として挙げられるのが皮膚を皮下から持ち上げて溝を無くすヒアルロン酸注入です。
注射の痛みはありますが麻酔で緩和されるためそれほど感じないと思います。



さらに口元や部分的なたるみやシワの改善など即効性が高くダウンタイムが短いという特徴があります。


施術時間は10分程度と気軽に受けることが出来て施術直後からメイクをすることも可能なのでおすすめです。



しかしほうれい線を消す為にヒアルロン酸注入をする場合はメリットだけでなく、持続性がないというデメリットも挙げられます。


6ヶ月から8ヶ月ほどで体内に自然に吸収されてほぼ元に戻ってしまうので半年から一年間の期間でヒアルロン酸を注入しなければいけません。

一回一回の施術は比較的価格が安いのですが何回かすることを考えるとトータル的にはヒアルロン酸注入の方が高くついてしまうことがあります。
さらにほとんど失敗がない施術方法にはなっていますか手術をするにあたって全くリスクがない訳ではありません。



色素沈着や毛細血管の多い鼻周りには内出血を起こす危険性があります。
先ほど書いたようにヒアルロン酸注入はほとんどダウンタイムがないですが内出血を起こすとダウンタイムが長引く恐れがあります。ほとんどの場合は化粧をすればごまかすことが出来るような軽い程度の場合が多いですが、それでも気になる方にはおすすめできません。
このようにほうれい線を消す為の施術方法にヒアルロン酸注入が挙げられますがメリットだけでなくデメリットがあることも忘れてはいけません。